coffee or tea?

saoriの日記。幸せを探して。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

그리운 봄날



今日は朝からまぶしい日差しが降り注ぎ、
気分も軽やかです。まだまだ気温は低く、寒さは厳しいですが、
春までもう少しの辛抱ですね。

ポカポカ陽気の春が待ち遠しい・・・。

午後、BS11で放送されていたドラマ「春の日」最終話を観ました。
無性に懐かしくなり、「春の日」OSTに耳を傾けています。
心が温まるこのドラマの楽曲たちは、寒い季節にはピッタリですね。
優しく穏やかなメロディに癒されます。

そこで今日の日記では、「春の日」OST1曲目に収録されている
봄날/ポムナル(春の日)の歌詞を、
韓国語とis勝手日本語訳(チョ・インソンさんが演じたコ・ウンソプ目線)にて
ご紹介させていただきます。
続きを読む >>
| saori | 春の日 봄날 | comments(4) | trackbacks(0) |

行かないで


韓国ドラマ“春の日”オリジナルサウンドトラック

『茶母』に心を奪われてからというもの『春の日』のストーリー更新がすっかり滞ってしまっていましたが、最近の『茶母』(今夜第10話)の悲しい展開に心が痛くなってしまい、久しぶりに『春の日』に舞い戻ってきました。

行かないで
가지마... (カジマ)


コ・ヒョンジョンさんのこの台詞、響きます悲しい
続きを読む >>
| saori | 春の日 봄날 | comments(12) | trackbacks(0) |

チ・ジニさんの歌声


 これは私のお気に入りの1枚、봄날(春の日)OSTです♪ドラマ「春の日」では、使われている音楽も大きな魅力の1つになっていて、OSTを聴きながらウノ(チ・ジニさん)やチョンウン(コ・ヒョンジョン)、ウンソブ(チョ・インソン)の表情を思い浮かべながらうっとりしています。
 この「春の日」OSTについて、教えていただくまで全然気が付かなかったこと、、、それは!
5曲目の「그 아픔도... 그 슬픔까지도...」(日本語:その痛みも、その悲しみまでも)
なんとこの曲、ウノを演じたチ・ジニさんが歌っていらっしゃるそうです!!あ〜驚いた・・・。DVDに特典として付いてきたOSTで、歌詞カードもなかったので、曲名、歌手名等、一度か二度見たきりだった部分を確認すると、しっかり「チ・ジニ」と書いてあります。おばかな私^^;

うふふ、今日からこの曲をリピート、リピート♪
後半ウノの切なさを盛り上げるように流れるこの曲、今まで以上に
大切な1曲に思えます。昨夜は4話を見ていたら、ルービック・キューブが
懐かしくなりました。語りたい・・・掲示板作ろうかしら^^

今日の日記と全然関係ありませんが、これは、最近私がはまっている
アイスです。美味しいですよ〜♪
続きを読む >>
| saori | 春の日 봄날 | comments(5) | trackbacks(1) |

春の日、陽だまりで。

韓国ドラマ「春の日」のホームページをオープンしました♪♪

サイト名 春の日、陽だまりで。
アドレス http://is.halfmoon.jp/bomnal/

良かったらご覧になってみてくださいね。相変わらずシンプルですが、心を込めて作りました。ここ何日か集中して取り組んでいたため、日記もお休みしてしまってごめんなさい。

「私の名前はキム・サムスン」、「頑張れクムスン」、「ごめん、愛してる」などなど、薦めてくれている皆さん、「春の日」で立ち止まったままの私を許してね〜!

これからどんどん内容を充実させていきたいと思います。BBSは日本での放送が決まり次第設置予定です。このホームページへのご意見やご感想はお気軽に日記へのコメントまたはisへメールをください♪
| saori | 春の日 봄날 | comments(16) | trackbacks(0) |

『春の日』を観終えて。


봄날〜春の日〜
私にとっての大切なドラマがまた1つ増えました。韓国ドラマ『春の日』。最後まで優しさの溢れるドラマで、切ないけれど、心の温まるストーリーに忘れていた大切な気持ちを思い出させてもらった気分です。

『春の日』ロケ地として登場する島 "飛揚島"。この島と海の景色が美しく、主人公達の愛が始まる場所としてドラマの雰囲気を盛り上げている要素のひとつでした。とうとう最終話を観終えた昨夜は、この"飛揚島"でのエピソードが思い出されてなかなか寝付けませんでした。とても心地の良い余韻の残る素晴らしい物語に満足です。ここで結末をお話してしまうと、落胆される方も多いでしょうから我慢しますね^^

同じ女性を好きになってしまう兄弟ウノ(チ・ジニ)とウンソブ(チョ・インソン)。2人が苦しみ、ぶつかり合いながらも時折見せる笑顔や兄弟の心の触れ合いが特に印象に残ります。それぞれの母親との関わりに涙したり、頼れる友人の心強い存在にほっとしたり、男女の愛だけがテーマではないドラマなので、幅広い層に受け入れられる作品だと思います。私はチョンウンを演じたコ・ヒョンジョンさんの演技が大好きになりました。上品で、穏やかで、凛としていて・・・。揺れる心をとても上手に表現されていて、私まで一緒に悩んでしまうほどでした。

揺れる女心といえば・・・
『バリでの出来事』でのハ・ジウォンさん。”どっちなのよ〜!?”とじれったくなってしまった私です。『オペラ座の怪人』でのクリステーヌも”本当に愛しているのはラウルなの?それともファントムなの?はっきりして〜!”でした。『春の日』のコ・ヒョンジョンさんは今誰のことを思っているのか、その人がどんなに恋しいのかはっきりと分かります。これがいいんです♪

話が横道にそれてしまいましたが、日本での放送が待ち遠しい『春の日』は脚本、台詞、撮影地、俳優の熱演、全てが私好みで大満足です。結末については思うところがありますが、それはまた別の機会にお話しします^^さてと、また1話からゆっくり見直そうっと♪

・・・あっ!林親分、See you tomorrow〜!
| saori | 春の日 봄날 | comments(6) | trackbacks(0) |

『春の日』チョ・インソン、チ・ジニに会える!

ビップ航空サービスさんオリジナル企画のスペシャルツアーの案内が
届きましたので、ご紹介させて頂きます♪

■ ツアー名
スペシャルツアー! 1回のツアーで二人のトップスターに会える!!
<バリの出来事>、<春の日> のチョ・インソンと
<春の日>、<宮廷女官チャングムの誓い> のチ・ジニ


■ ツアーのポイント

★花束贈呈(参加者より抽選)
★プレゼント抽選会(俳優ご愛用品)
★トークショー
★質問コーナー
★サイン入りポスタープレゼント(参加者全員)
★グループ撮影(写真はプレゼント) 
★『春の日』ダイジェスト放映(30分程)
★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
自由行動の時間はチョ・インソン氏、チ・ジニ氏が出演された
ドラマや映画のロケ地などを観光するオプショナルツアーを
企画しております。

詳しくは下記のURLをご覧下さい。

http://www.vip-air.co.jp/csevent.htm

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★



1日で2人に会えるなんて夢のような企画ですね♪
お申込みは本日11:00スタート!詳細は上記URLまたは
螢咼奪弭匐サービスホームページで御覧下さい^^
| saori | 春の日 봄날 | comments(0) | trackbacks(0) |

『春の日』18話まで。

うっそ〜ん!・・・どうしてなの、チョンウン(涙)

想像してもいなかった方向に向かっているドラマ『春の日』。
DVDをゆったりと見ていた私ですが、とうとう残り2話!
運命のlast one disk、見るのがもったいない気分です。
後半の物語の複雑化に韓国では初回より視聴率が下がったことが
報道されていますが、劇的なシーンが少なくなる後半の方が好きな私です。
ドラマを通して伝わってくるメッセージ、私が受け止めたのはこのテーマ。

愛する人に笑顔でいて欲しい
”愛”といっても、男女間だけでなく、親子の愛、隣人愛、兄弟愛、
様々な愛が『春の日』には存在します。以前の日記でも触れましたが
”与える愛”の表現に心がふわ〜っと温まります。

特にウンソブを演じるチョ・インソンさんが愛するチョンウンを
笑顔にしようと頑張る姿には毎回私まで笑顔になってしまうほどです。
ネタバレになってしまうと、これからご覧になる方ががっかりされると
大変なので、このくらいなら大丈夫かな?という見所を書いてみます。
続きを読む >>
| saori | 春の日 봄날 | comments(2) | trackbacks(0) |

『春の日』のチョ・インソンさん

ドラマ『春の日』、15話まで見ました。

毎回エンディングで鳥肌が〜〜!!物語の展開ももちろんですが、
俳優さんたちの熱演に感動し、鳥肌が立つほどです。

チョンウンを演じるコ・ヒョンジョンさんが回を追うごとにどんどん
美しい表情を見せてくれます。ウノ役のチ・ジニさんも・・・
あまり語るとネタバレ続出なので、日記ではほどほどにいたします(^^;

そしてウンソブ役のチョ・インソンさん。
『バリでの出来事』でも思わずもらい泣きするほどの泣きっぷりでしたが
この『春の日』では『バリ』以上に泣いている〜悲しい
声を上げて泣いたり、涙は出ていないけれど心が泣いている姿が
本当に可哀想で、彼のこの先が一番心配になってきました。
セリフも胸にズキズキ響いてきて、これは日本語字幕放送で
お願いしたい作品です。

異母兄弟のウノとウンソブ。兄のウノが弟を呼ぶとき、愛情をこめて
”ウンソバ”と呼びますが、ウンソブはこれを嫌がります。
”そんな呼び方やめてくれ!”と。兄の愛情が素直に受け入れられない
のがこの場面にも良く現れていて、ドラマを通して何度も登場する
やりとりです。

ウノはチョンウンを
”チョンウナ”
記憶を失くして彼女を思い出せない間は
”チョンウンシ(チョンウンさん)”
”チョンウナ!”と呼ぶウノの表情が大好きです。

是非是非日本語字幕で皆さんに見ていただきたい作品です。
あと5話で最終話・・・一体どうなってしまうのでしょうか。

ウンソブの母を演じるイ・フィフャンさんがまた暴れていました(冷汗)
息子ウンソブに女性の影を感じると相手の女性を”敵”と感じてしまう
ほどの溺愛ぶり。良い子でいようと努力してきたウンソブが反旗を翻して
からは、それはもうびっくりするほどの落ち込みぶりなのです。
彼女など連れてこようものなら、大変!目つきが怖い・・・。

韓国では母と息子の結びつきが日本に比べると強いイメージがあります
が、実際もそうなのでしょうか。そういえば、シン・ヒョンジュンさんも
インタビュー中にオモニとのエピソードを思い出して話してくれました。
今夜はインタビューレポを仕上げられたらいいな♪

・・・あらら?話がそれちゃった^^;

『春の日』、皆さんと語り合う日が待ち遠しいです。
| saori | 春の日 봄날 | comments(4) | trackbacks(0) |

『春の日』でロッテワールドみ〜つけた!

『春の日』第7話のワンシーン。チ・ジニさんと楽しそうに遊園地のコーヒーカップに乗るコ・ヒョンジョンさんを1人寂しそうに見つめるチョ・インソンさん。カメラのファインダー越しに彼女を見つめて、シャッターを何度も押すチョ・インソンさんがなんとも切ないシーンです。

ここはもしかして・・・ロッテワールド!?きゃ〜ん嬉し〜♪回転木馬が映るかな〜と期待していましたが、残念ながら映りませんでした。今でも『天国の階段』撮影中のショットなど、展示されているのかしら・・・。ずいぶん日本からの旅行客も増えたのでしょうね^^。ちなみに主人公たち3人は、チョンソとソンジュが乗ったあの”スリル乗り物”に挑戦していました。ああ、怖い。撮影とはいえ、役者さんも大変です!どちらか選べと言われたら、コーヒーカップのぐるぐるがとっても苦手な私としては”スリル乗り物”の方がまだ我慢できるかも・・・。

あの場所やこの場所、『天国の階段』ファンなら”あ〜!!この場所は!この階段は!”と思わずにんまりしてしまう場所が登場しました。

昨年の7月、ロッテワールドに行った私は、回転木馬の前でテファの絵をじっと眺め、テファのあの瞳を想いうるうるしてしまい、そして回転木馬を見つめてソンジュの切ない表情を想っておりました。次に訪れたときは、
”한정서, 너 나 좋아 싫어!? ”ハン・ジョンソ ノ ナ チョアシロ!
と叫びながら回転木馬の周りをぐるぐる走り回るテファを思い出しそうです。

大人も子供も楽しめるロッテワールド、韓国旅行の際は是非チャムシルへ!!
| saori | 春の日 봄날 | comments(2) | trackbacks(0) |

ドラマ『春の日』で気分転換

 心から楽しみにしていた特別な時が過ぎると、日に日に寂しさが押し寄せて些細なことが不安に感じたりするのはどうしてなのかな・・・。今夜は細かいことを考えず何かに没頭したくて『春の日』の続き、8話までを観た。登場人物、それぞれが必死で助け合い生きる姿に、毎回じ〜んと心が温まる。

〜ここから少しネタバレ〜

 兄であるウノ(チ・ジニ)が事故にあい、精神状態が13歳の少年に戻ってしまったことから、異母兄弟である弟のウンソブ(チョ・インソン)は自らの心の傷をゆっくりと癒しながら兄の面倒をみることで、それまで2人の間にあった大きな溝を埋めていく。7話で登場する、少年時代大切にしていたおもちゃの飛行機をウンソブが隠し持っていたことにウノが気がつくシーンでは、2人がほんのひととき、その頃の兄と弟に戻ったかのような心温まるやりとりを見せてくれる。ウノを演じるチ・ジニの名演技にも泣かされる私・・・。病院の院長である父親との添い寝のシーンでは鳥肌が立つほどの感動だった。

 事故にあう前のウノの熱意で、失っていた”感情を表現すること”と”声にだすこと”を取り戻すことができたチョンウン(コ・ヒョンジョン)は、ウノの傍で看病し続ける自分を「お姉さん(ヌナ)」と呼び、「お姉さん、誰なの?お姉さんと居ると頭が痛いよ、胸も痛い・・・お姉さんは誰?」と苦しむウノを見て身を引こうとする。ウノが好きだとばかり思っていた卵料理を作り、実は卵嫌いだと知った食卓のシーンは韓国ドラマならではの伏線が効いていて、どんどんチョンウンの心に自分の感情が寄り添っていくよう。ピアノを弾く姿からも島での涙のシーンが思い出され、ひとつひとつの場面やセリフが温かく心を包んでくれる。

 そんなチョンウンを見守るウンソブの涙も切ない。研修医でありながら、幼いころの心の傷から、血を見ただけで吐いてしまうウンソブが、チョンウンに励まされ、時に叱咤されながら辛い過去を乗り越える姿が嬉しくて思わず笑みがこぼれるほど。チョンウンに「良くやったわね」と褒められ喜ぶウンソブにいつの間にか一番感情移入している私。8話で、連絡の取れないチョンウンを心配しながら運転していたウンソブが車をぶつけてしまうが、その後の行動が!何故そのまま車を置いて走っていくの〜!?少し心配してしまった・・・ドラマなのに。

 『春の日』は、私にとって大切なドラマの1つになりそうだ。傷をゆっくりと癒していく主人公達とドラマの中での時の流れが速すぎないのも私好み。『天国の階段』ほど情熱的ではないけれど、セリフも優しく今の私に丁度良い感じ。物語にどんどん深みも出てきて、この先が楽しみだ。

 亡くなった母親の夢を見てベッドで一人泣きじゃくるウノを見て、チョンウンは自分は傍に行かず、ウンソブに「そばに行って、抱きしめてあげて」と一言。戸惑うウンソブもチョンウンの言葉どおりに子供に戻った兄の元へ歩み寄りそっと抱きしめる。

優しさに溢れたこのシーンに、このところ揺れていた心が少し鎮まった気がする夜だった。明日からまた頑張ろう。
| saori | 春の日 봄날 | comments(2) | trackbacks(1) |
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
SPONSORED LINKS