coffee or tea?

saoriの日記。幸せを探して。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「推奴(チュノ)」ソルファの歌

「推奴(チュノ)」最終話では、ソルファがテギルのため、真心をこめて歌う場面があります。どことなく懐かしく感じられるメロディと、もの悲しさが漂う歌詞の内容が心に残る、穏やかな歌です。

「推奴」を夢中でいていた頃、この場面を何度か観るうち、いつの間にやらソルファとともに口ずさむようになり、一緒に観ていた息子に“この歌、知ってるの?どうして歌えるの?”と、問いかけられました。“あのね、知らない歌なのに、懐かしい感じがするの。何度か聞いたら覚えちゃった”と答えた後、何という歌なのかな、調べてみようかなと思いつつも、いつの間にか忘れて過ごしておりました。

先日、BSジャパンで「推奴」最終話が放送された際、もう一度ソルファの歌を聴くことができて、しみじみ“いい歌だ〜”と浸っていた矢先、チュノファンサイトにたどり着いて下さった方から、問い合わせのメールを頂きました。ソルファの歌、ご存知ですか?と。せっかくなので、詳しく、じっくり調べてみたくなり、韓国民謡の本を開いてみたり、韓国のさまざまなサイトで調べてみたのですが、その日は結局見つからず、大半はドラマオリジナルなのかな、と勝手に思い込んでいました。ただ、最終話のあの曲は、おそらく韓国の国樂(伝統音楽)だろうと想像し、歌詞を頭に叩き込んでから、翌日再び本を探してみると。おお〜!見つけた〜〜!これだ〜〜(泣)!とうとう、何の歌かを知りました。韓国の慶尚南道地方、晋州の民謡でありました。なるほど、歌詞をすべて見てみると、三部構成になっています。これまた悲劇だ・・・(涙)。

それでは、ソルファがテギルのために歌った民謡の歌詞を、韓国語と日本語(いつものis勝手訳^^;)にてご紹介させて頂きます。

 ♪사랑 사랑 내 사랑아  어화둥둥 내 사랑아〜
続きを読む >>
| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(17) | trackbacks(0) |

スピーディ・強烈・魅惑的!

私に力を与えてくれるドラマ「チュノ/推奴」!!

麗しのアクションシーンを創り上げて下さった制作陣の皆様に感謝を込めて、
本日は韓国映画雑誌SCREEN(2010MARCH)の「チュノ」特集記事の一部より
‘アクションベスト8’をご紹介させていただきます。

皆さんのお気に入りアクションシーン、この中にありますか?


:::スピーディで強烈で魅惑的〜「チュノ/推奴」アクションシーン ベスト8:::

「チュノ」の映像美はアクションシーンでつくりあげられている。最新技術が総動員されたアクションシーンは娯楽の境界をこえ、神話的悲壮感さえあふれている。「SCREEN」がアクション名シーンをまとめ、「チュノ」制作陣がシーンごとのビハインドストーリーを明かした。

 text:「チュノ」制作陣 edit:ハ・ジョンミン


Scene 1 テギル一団、オッポク一団を捕らえる

初回、初シーンであり、アクションシーンの中に、見どころと人物紹介という二つの目的を達成しなければなりませんでした。放送前「チュノ」を代表する映像であったため、負担はより大きかったです。高速撮影を通して、テギルの飛び蹴りを見せながら“テギル役のチャン・ヒョクが相当な武術を自ら演じている”ということを強烈に刻みつけようとしました。「チュノ」の格闘シーンでは、最大三次元空間と周辺の物事を活用しながら、その空間の中でだけ可能なアクションを創出しようとしたので、それがこのシーンで最も発揮できたと感じています。登場人物の側面である、素早いワンソン、愚直でパワフルなチェ将軍、実践法格闘で強さを見せるテギルの特性を付加したシーンでした。

Scene 2  テギルとテハ 葦原での出会い
続きを読む >>
| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(0) | trackbacks(0) |

社会派時代劇


韓国映画雑誌"SCREEN"2010MARCHでは、全20ページに渡りたっぷりと“推奴(チュノ)”特集が組まれている。内容は以下の通り。


−男の中の男 王座に座る〜オ・ジホ COVER STORY

−朝鮮版ハードボイルド追撃伝 ドラマ「チュノ」を追え

 ・時代の矛盾に全身で立ち向かう朝鮮の男たちの歴史〜「チュノ」はどのように制作されたのか
 ・これは社会派時代劇だ〜クァク・ジョンファン監督
 ・男 VS 男〜イ・テギル、ソン・テハ人物紹介
 ・追う者と追われる者〜「チュノ」人物相関図及び登場人物紹介
 ・スピーディで強烈で魅力的〜「チュノ」アクションシーン ベスト8紹介

どれも読み応えのある記事ばかりだけれど、中でもクァク・ジョンファン監督のインタビュー記事と、「チュノ」アクションシーンベスト8紹介が個人的に面白かった。

「チュノ」をもっと楽しむために、記事の内容の一部を日本語にてご紹介を!
続きを読む >>
| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(6) | trackbacks(0) |

なぜ裏切った?

BSジャパンで昨日放送された「チュノ」の第3話は、クァク・ジョンファン監督が“最高の名場面(チュノ プレミアム版DVD特典映像中)”と主演二人の演技を絶賛した葦原での決闘シーンから幕を開けました。

このシーンをハイビジョンで見るのを心待ちにしていた私は、もうじき7時のニュースが始まるという微妙な時間に、家族に頼み込んでチャンネルをBSジャパンに合わせました。

 何度も観ただろう!?
 録画もしてるのにぃ〜!
 ああ、この場面も何回も観た〜!

との声に耳を貸さず、美しい画像で観る葦原の決闘シーンにしばし見入っておりました。さて、この葦原の場面にはいませんが、ソン・テハの回想シーンで、清国に向かう昭顕(ソヒョン)を救うため部下を引き連れて向かう場面に登場するクァク・ハンソムを演じたチョ・ジヌンさんについて今日は少しお話をさせてもらおうかな、と思います。プレミアム版DVD特典映像に収録されているメイキング映像の中では、チョ・ジヌンさんが監督と談笑する姿を見ることができます。
続きを読む >>
| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(2) | trackbacks(0) |

ハイビジョンで「推奴/チュノ」

録画しておいたBSジャパンの「推奴/チュノ」を観ました。
(BSジャパンにて毎週月・火18:50〜放送中です^^)

レッドワンカメラで撮影された美しい映像が
ハイビジョンによって美しさ倍増!感激〜〜(嬉涙)!

放送時間が各話コマーシャル込みで55分なので、
本編がところどころ編集されているのは仕方がありません・・・・。

※参考までに、推奴(チュノ)プレミアム版DVDの第1話の収録時間は、
 オープニング、エンディング映像込みで1時間3分55秒です。

字幕つきなので、息子たちも惹きこまれている模様。
2話の終わりに次回予告が流れた際、
テギルが落馬する場面で、次男が切なそうに「テギラ〜〜!!」と叫んでいました(笑)。

全24話の「チュノ」、是非ハイビジョンでお楽しみくださ〜い!

| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(2) | trackbacks(0) |

2010年KBS演技大賞 「推奴/チュノ」受賞者

祝!祝!チュノ!
昨年末開催されたKBS演技大賞。「推奴/チュノ」からの受賞者は以下の通りです。


■助演賞(男性) ソン・ドンイル 「推奴」 チョン・ジホ役

共演したチャン・ヒョクさんに“テギル!兄貴が賞をもらったぞ〜!”と、チョン・ジホの語り口で語りかけ、会場を沸かせたソン・ドンイルさんの受賞スピーチは、終始ウィットに富んだ内容でした。以下、スピーチの内容を日本語で。

ソン・ドンイル:ありがとうございます。「チュノ」に出演する機会を与えてくださったクァク・ジョンファン監督、チョン・ソンイル作家、「逃亡者Plan B」にも出演させていただいて1年間安心して生活できました。ありがとうございます。そしてスタッフの皆さんにも感謝しています。そして今家にいる母に、姉に、弟、そして妻に、子供たちに感謝します。これかも一生懸命演じますので、私を愛してください。(客席から大きな歓声が上がる)皆様の小さな関心が、私の子供たちの未来にかかっています。ありがとうございました。これからも頑張ります。


■優秀演技賞/中編ドラマ部門(男性) オ・ジホ 「推奴」ソン・テハ役

まぶしい笑顔を浮かべ、花束を受け取られた後、緊張した面持ちでの受賞スピーチをされたオ・ジホさん。一言一言に誠実さを感じる素敵なスピーチでした。以下、日本語で。

オ・ジホ:ありがとうございます。孤独でつらい時も多かったのですが、12年間そばで見守っていてくれたユファン先輩、本当にありがとうございます。いつもそばで見守っていてくださるファンの皆さんにも感謝します。(ああ、と緊張のため息をつきながら)このように素晴らしい作品に私をキャスティングしてくださったクァク・ジョンファン監督とチョン・ソンイル作家に感謝申し上げます。そして私は35年間、両親に“愛しています”と伝えたことがありませんでした、恥ずかしかったので・・・でもこの場で両親に、父、母、姉、弟、そして義妹、姪っ子に、この賞を捧げます。愛しています。真の俳優になるよう努力します。ありがとうございました。良いお年をお迎えください。


■KBS演技大賞 チャン・ヒョク 「推奴」イ・テギル役

演技に対しても常に真摯な姿勢で向かうチャン・ヒョクさんは、受賞スピーチも丁寧に言葉を選びながら、感謝の気持ちを表現されていました。


チャン・ヒョク:このような偉大な賞を受け取られる方々に、これまでは拍手だけ送っていましたが、いざ私が大賞を受賞してみると、何と申し上げたらいいのか、本当に胸が震えています。まず、視聴者の皆様に心から感謝申し上げます。そして「推奴」という作品をこの世に送り出してくださったKBSに、クァク・ジョンファン監督に、チョン・ソンイル作家に、スタッフの皆様に、そしてこちらにいらっしゃるソン・ドンイル先輩、オ・ジホ、イ・ダヘさん、イ・ジョンヒョクさん、コン・ヒョンジンさん、本当に多くの方に感謝の気持ちでいっぱいです。ああ、少し長くなりましたか・・・。私が、演技を始めて10年以上経ちますが、ひとつの所属事務所に15年間所属していますが、多くのことがありました。本当につらいときも楽しいときも、ともに過ごしてくれた事務所の皆さんに、チェ・ジャンヒョク先輩、イ・ウォンジュン、チョン・ギチョル、そして後輩たちに心から感謝します。ともに歩んでくれたスタッフに心から感謝します。イ・テギルという役を演じることができたのは、家族の力が最も大きかったようです。私の母、父、そして家にいる私の妻、私の息子とこの栄光を分かち合いたいです。ありがとうございました。良いお年をお迎えください。ありがとうございました。



(お詫び)オ・ジホさんとチャン・ヒョクさんのスピーチの中で、事務所の先輩のお名前がいくつか上がりましたが、聴き取ることが難しいお名前があったため、聴き取れた分だけ日本語にさせていただきました。人名の聴き取りは難しいですね・・・今後の課題です。


| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(4) | trackbacks(0) |

特典映像

韓国ドラマのDVD(韓国発売版)を購入するとき、気になるのは特典映像の内容です。今まで購入したドラマの韓国版DVDの中では、特にKBSドラマのDVDの特典映像の内容が充実していて見ごたえがある場合が多く、どれも満足度が高かったです。

実際、「復活」や「ごめん、愛してる」、そして最近購入した「推奴(チュノ)」は、特典映像のお陰で作品の魅力が倍増しました。

ちなみに「推奴(チュノ)」プレミアム版DVDのdisc9に収録されているおよそ1時間40分の贅沢な特典映像の内容は以下の通りです。


・プロローグ
・名場面・名台詞(監督、作家、演技者が語る名場面)
・できなかった話(監督スペシャルインタビュー)
・NGハイライト
・メイキング映像
・ビハインドストーリー(舞台裏)
・エピローグ(演技者の皆さんから一言)


「チュノ」をもっと楽しむために、特典映像をの一部を日本語に訳してファンサイト↓でご紹介させてもらっています。良かったらお立ち寄りください。以前の日記の「チュノ」に関する記事の中で、すでにご紹介済みの内容もありますが、それ以外の部分もあります。


Chuno-holic〜推奴/チュノ ファンサイト


「チュノ〜推奴〜」公式サイト(日本)によると、日本版DVDの特典ディスクの収録内容は、韓国発売分のプレミアム版とは全く違う内容が収録されているようです^^。

| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(0) | trackbacks(0) |

迷子

数日前、韓国のガールズグループ"BROWN EYED GIRLS"の姿を、NHKの「クローズアップ現代」で見ることができました。ダンスも歌声も洗練されていて、少女時代やKARAと共に、日本でも知名度が高いグループのようです。

BROWN EYED GIRLSの曲では、このグループのJeaさんが「チュノ」の劇中、テギルとオンニョンの愛を切々と歌い上げた「迷子」(「チュノ」日本版オリジナル・サウンドトラック収録曲)が私にとって最も印象深い1曲です。深みのある情感溢れる歌声と切ない歌詞とメロディに、毎回「迷子」が流れ始めると私の涙も流れる状態。この曲の歌い手さんが、まさか、こんなにも若い方だったとは。は〜、驚きました。

「チュノ」13話、この曲がピッタリの名場面があります。
続きを読む >>
| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(4) | trackbacks(0) |

「推奴」公式ガイドブック

11月2日、本日発売! 
| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(0) | trackbacks(0) |

「もっと知りたい!韓国TVドラマ」vol.39

「チュノ」特集、読み応えありました。以下、簡単にご紹介を。


−チャン・ヒョク(イ・テギル役)

テギルを演じる際に2つのことにポイントを置いたというチャン・ヒョクさん。その1つは目だそうです。チャン・ヒョクさんがテギルを「目の焦点がどこにも合っていない」と表現する理由とは?

−イ・ダヘ(オンニョン役)

テギルが手渡す「石」に関して、撮影時の微笑ましいエピソードが。

−オ・ジホ(ソン・テハ役)

チャン・ヒョクさんのほかに印象的だった共演者は・・・韓国で影の主役と言われていたあのお方!蛇の場面での苦労なども。

−イ・ジョンヒョク(ファン・チョルン役)

テハの部下ハンソム(チョ・ジヌン)との10話でのアクションシーンが一番のお気に入りとのこと。「チュノ」を楽しく視聴する秘訣も。

−ソン・ドンイル(チョン・ジホ役)

18話の場面について、思いがけない言葉が・・・(笑)。クァク・ジョンファン監督の新作「逃亡者」についてのエピソードもあり。

−ハン・ジョンス(チェ将軍役)

ドラマでは描かれなかったチェ将軍の過去について語ってくれています。なんと、チェ将軍役はソルファ役のキム・ハウンさんら「漢城別曲」出演陣と共にオーディションを受けて見事チャンスをつかんだそうです!

−キム・ジソク(ワンソン役)

劇中同様、茶目っ気のある受け答えの連続です。そんな中、アクションシーンに向けての準備の話題などに役者魂も感じさせてくれます。

−クァク・ジョンファン監督

韓国版DVD特典映像のインタビューの内容との大きな違いは、主演のチャン・ヒョクさんの配役についての話題。これについては今まで見た映像の中には恐らく触れられていなかったと思います。もちろん、現在韓国で放送中の期待作「逃亡者 PlanB」についてのお話もあります。



他にも、「チュノ 人物相関図」と「チュノ 歴史解説」さらに「ドラマで学ぼう 韓国語」の題材も「チュノ」からでした。ドラマを観終えた方に、おすすめの情報誌です^^。
| saori | 推奴(チュノ) 추노 | comments(2) | trackbacks(0) |
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
SPONSORED LINKS