coffee or tea?

saoriの日記。幸せを探して。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ドラマ『ファントム(原題:유령)』


−누구세요? (どなたですか?)

김우형(キム・ウヒョン):나? 대한민국 경찰!(俺か?大韓民国の警察!)

最終話、ウヒョンが迷いなくこう答える時の表情の清々しさ、良かったです。


サイバー警察?キャッチコピーが"ゼロと1との間に隠された証拠"?う〜ん、何か難しそうだな...と、なかなか手が伸びなかった「ファントム」ですが、ソ・ジソブの演技見たさに冒頭クラッとしながらも必死でくらいついていき、途中からはもう次が楽しみで楽しみで仕方なくなり、最終話まで手に汗にぎりながら視聴しました。

親友、さらには同僚が命を落としたりと、悲しい場面も多いのですが、キム・ウヒョンと彼を取り囲むサイバー安全局のメンバーたちが、決してあきらめず、困難を次々と乗り越えていき事件解決を目指す過程に、良い意味での人間臭さが感じられて、特に最終話では登場人物それぞれの心の内を丁寧に描いてあったために、じ〜んと感動がこみ上げました。


:::유령/幽霊(日本語タイトル:ファントム):::

制作:韓国SBS
放送:2012.05.30~2012.08.09
演出:キム・ヒョンシク パク・シヌ
脚本:キム・ウニ

あらすじ:インターネットおよびSNSの波及力に対する警告をこめたサイバー捜査モノ。サイバー世界の中の人間関係を浮かび上がらせるサイバー捜査隊員たちの哀歓と活躍を描いたドラマ。

出演:ソ・ジソブ(キム・ウヒョン役),イ・ヨニ(ユ・ガンミ役), オム・ギジュン(チョ・ヒョンミン役),クァク・ドウォン(クォン・ヒョクチュ役),チェ・ダニエル(パク・キヨン役)ほか


韓国公式サイトはこちら
続きを読む >>
| saori | ファントム 유령 | comments(2) | trackbacks(0) |
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
SPONSORED LINKS